ポール・グレアム|名言
ポール・グレアム|名言

ポール・グレアム|名言

ポール・グレアムはシリコンバレーで最も有名なアクセラレーターであるYコンビネーターの共同創業者です。熱のこもったエッセイをたびたび公開しており、一部ではバイブルのように扱われたりしています。

技術の世界では、いったんダメなプログラマを雇ってしまったらおしまいだ。会社が技術的に平凡になってしまい、その後、回復した例を私は知らない。

一塊のコードを複数人に共有させないこと。 セールス野郎に会社を仕切らせないこと。 ハイエンドの製品を作らないこと。 コードを大きくしすぎないこと。 バグを見つけるのを品質保証の人間に任せておかないこと。 リリースの間を開けすぎないこと。 開発者をユーザから隔離しないこと。

純粋に頭のいい人というのは、「知らない」 「たぶんあなたの方が正しい」 「私はxのことは良く理解していない」 というようなことを言える能力によって識別できる。

金が必要なら職に就くものだと思っている。実際には、この伝統には100年程度の歴史しかない。 それ以前には、生活のためのデフォルトの方法は、農業をすることだった。 ほんの100年くらいしか歴史のないものを原理のように扱うのは間違っている。これは短期間で変わっていることなのだ。

IPOや買収が行われるまでに何らかの災難に見舞われないようなスタートアップは1000に1つというものだ。それでやる気をなくしたりしないことだ。 災難に見舞われたら、こう考えることだ。ああ、これがポールの言っていたやつか。どうしろと言ってたっけな? ああそうだ、 「あきらめるな」だ。

若いプログラマが犯しがちな間違いを1つあげるとしたら、手が込みすぎたものを作るきらいがあるということ。 抑えることを知らずに知恵の限りを尽くしてすごく複雑なものを作ってしまう。

ほんのわずかのユーザーであっても、その人たちが夢中になるものを作れたなら、正しい方向に進んでいるということだ。 自分の作ったものを本当に気に入っているユーザーが一握りでもいるというのはすごくやる気になる。そしてスタートアップはやる気で動いているものなのだ。

プログラミングは自分でやることによって覚えるものだ。だから受け身にならないように。 授業でプログラムの書き方を教わるまで待つ必要はない。プログラミングを学ぶ一番の方法は、自分のプロジェクトを始めることだ。

成功するスタートアップを作るには3つのことが必要になる。 優れた人たちと始めること、顧客が実際に欲しがるものを作ること、可能な限りわずかの金しか使わないこと。

「カネは糞の中にある」 不愉快な仕事は儲かるっていう意味だ。 そして重要なのは、逆もまた真なりということなんだ。人々が好きな仕事は需要と供給の関係でたいして儲からない。

何を作るにせよ、高速にすることだ。 Gmailは苦痛なほど遅くなっている。Gmailよりマシでなくとも速いものを作るなら、それだけでGmailからユーザを引き抜き始めることができるだろう。

ここでベンチャー企業のための便利なルールを教えよう。 ほとんどの競争相手は、見た目ほどには危険じゃないんだ。ほとんどは、退治するまでもなく自滅する。また、ライバル社が何社あろうと関係ない。 マラソンでトップ・ランナーの後ろに何人いようと関係ないだろ?

ビジネスが失敗する原因のほとんどは顧客が求めるものを与えないことだと思う。 レストランを考えてみよう。 多くのものがはじめの四半期の内に失敗する。 しかしすごくうまい料理を出すレストランが潰れるなんて考えられるか?

アップル、マイクロソフト、Yahoo、Googleといった非常に多くの有名なベンチャーは、起業家自身のニーズから始まった。 経験を積んだ投資家はそのことを知っているのでこういった話は注意を引くだろう。 次にいいのは友達や兄弟といった、個人的に知っている人々のニーズについて話すことだ。

へたなプログラマには、へたな料理人と同じように、プログラミングの仕組み自体が難しいものとなります。 一方優れたプログラマの場合には、優れた料理人と同じように、やろうと思ったことは何でもできるので、何を作るか決めるというのが一番頭を悩ませる部分になります。

コロンブスのように、ただ漠然と西の方に進むという方がうまくいくだろう。未来を建物のように構築しようとはしないことだ。現在の青写真はほとんど確実に間違っているからだ。 うまくいくことが分かっている何かから始めて、広げるというときに、西の方に広げるのだ。

小さく始める必要があるのは他の人のためだけではない。自分自身のためでもある。 ビル・ゲイツにせよザッカーバーグにせよ自分たちの会社がどれほど大きくなるか分かってはいなかった。彼らが分かっていたのは何かを探り当てたということだ。 最初から本当に大きな野心を持つのは良くないかもしれない。

直接正面から攻撃しないことだ。たとえばメールを置き換えるなどとは言わないことだ。 もしそのように言ったなら、あまりに多くの期待を持たせることになる。 単にTODOリストソフトを作っていると言うことだ。それがメールを置き換えたことにみんなが気づくのは既成事実になったときだ。

単に問題の解き方を変えるということではなく、解いている問題自体を変えるのだ。

多くのスタートアップは人々の望むものを作らないために失敗しており、そして多くのスタートアップがそれを作らない理由は、彼らが十分熱心に努力していないためなのだ。

誰かがあなたの必要とするスキルを持っており他に見つけられないかもしれないという理由で嫌いな人をあなたのスタートアップに加えないこと。 人はスタートアップにとってもっとも重要な成分であり、そこで妥協してはいけない。

最も一般的なタイプの失敗は、見事に失敗するものではなくたいしたことを何もしないというものだ。

ユーザにアイデアをぶつけることが、そのアイデアを本当に理解できる唯一の方法だ。

私たちが創業者に最初はビジネスモデルを気にかけるなと言っているのは、人々が望む何かを作り上げることの方がずっと難しいからだ。

スタートアップというのはもっと科学に似ていてどこであれ道が続いている方に進んでいく必要がある。だから元々のプランにはあまりこだわらないことだ。それはたぶん間違っている。 成功したスタートアップの多くは最終的にははじめに意図していたのとは違ったことをやっている。

ある意味で、スタートアップを殺す誤りというのは1つしかない。ユーザが欲しがるものを何も作らないということだ。

何か本当によいものを作っているなら、それについて話すだけで投資家は好意を抱く。 あなたが真剣にそう信じていないなら、おそらく業務を変えたほうがよい。自分のベンチャーは彼らの投資に見返りを与えられるとすら信じていないなら、なぜあなたはそれに時間を投資するのだろう?

どんな言葉で説明するよりも、1回のデモのほうが雄弁だ。唯一、最初に話していいのは、あなたが解決しようとしている問題と、その問題の重要性だ。でもそれには10分の1以上の時間を割かない。そしてデモを見せるってわけだ。

成功の見込みが高いのはニッチマーケットの方だ。スタートアップは人々が以前手にしていたのより良いものを提供することで金を得る。 だから一番チャンスがあるのは最も状況がひどいところということになる。

スタートアップがキーを打っている最中に死ぬことはめったにないのだ。だからキーを打ち続けよう!