孫 正義|名言
孫 正義|名言

孫 正義|名言

孫正義はSoftBank Group会長で、日本を代表する起業家の1人です。孫さん直々に運営するSoftbank Vision Fundは数兆円規模のベンチャーキャピタルで世界最大。日本でもっとも一挙手一投足を注目されている人物です。

登りたい山を決める。これで人生の半分がきまる。

事業の成功は精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。

まずはじめに、どこで世界一になるのかの方向性を定めなければいけません。

自分自身を説得できるかどうかが成功の第一条件。

近くを見るから船酔いするんです。100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。 ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。 苦しいときこそ船と仲間を命がけで守れる人でなければ大将になってはいかんのです。試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。

脳みそが千切れるほど考え全力投球したときには不可能なことは非常に少ない。 他の人間にできることならば同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。

私がこき下ろされるのは構わない。笑われてもいい。 ただ、日本の将来が笑われない様にしなければ。

責任転嫁をしてはならない。 全ての責任は己の中にある。 その様に覚悟を決めるだけで物事は前進する。

その分野で圧倒的ナンバーワンになれるシナリオを明確にしてからではないと僕は手をつけたくない。

退却には攻撃の10倍の勇気がいる。退却の決断はトップしかできない。 退却ではボコボコに非難される、やられる、恥ずかしい。これに耐える勇気がないと、もう戦えなくなる。

我々が推進役として、世界中に情報革命を起こすのは何のためか。 人々を幸せにするためです。「何のために」を忘れ去ってしまったのでは意味がない。

事業は30年しか続かないが組織は300年続く。

努力しても報われないなあと感じ嘆くとき、たいていの場合は、まだ本当の努力をしていない。

怒るのは自分の知恵の足りなさを認めるようなものです。 うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります。 勝ちに徹することができるのは、勝利以上に大きな志と理念があるからです。

最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。そこからすべてがはじまった。

本当にリーダーシップを発揮しようと思えば、重要な順に三つ、僕が思っていることがあります。 一番最初に重要なのが理念と志。 二番目に重要なのがビジョンです。 そして三番目が戦略です。 これがリーダーシップを発揮していく人、事業を興す人が持つべき重要順の3つのポイントだと思っています。