ビル・ゲイツ|名言
ビル・ゲイツ|名言

ビル・ゲイツ|名言

ビル・ゲイツはMicrosoftの創業者で、現在はCEO職を退いてビル&メリンダゲイツ財団にて精力的に活動しています。彼は読書家としても有名で、毎シーズンおすすめの本を発表しているので運営個人的にも注目しています。

私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無為に過ごしてはいけないんだ。

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

生まれた時に貧しいのはあなたの過ちではないが、死ぬ時に貧しいのはあなたの過ちである。

あなたの顧客で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学びの源なのだ。

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。 要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

毎日毎日「勝ちたい」という気持ちで出社しなければならない。 切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる。

私の方が積極果敢で、バカみたいに競争心が強い。私はその日その日のビジネスを片付けていき、ポールは研究開発で会社を常に最前線に押し出す努力をしている。(共同創業者ポール・アレンとの関係について)

研究所に関していえば、『今後3年のうちに、彼らは次にあげる10の発明を行います』などと記者会見で発表するようなことはしたくない。 研究所の素晴らしいところは、偉大な頭脳を集めて、デッドラインを気にせずに仕事に打ち込めることだ。

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。 つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

同じ決断を二度するな。 最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずに済む。

ビジネスの学位は必ずしも必要ではない。 私が大学でビジネスを勉強する時間を2年間与えられたとしよう。しかしその2年間で、マイクロソフトで学んだ以上のものを学べるとは思えない。 私の本棚に、ビジネス書なんてあったかな。おやおや、ないじゃないか。いままで必要なかったってことだよ。